平成23年6月22日


7月31日は「土地家屋調査士の日」です。

日本土地家屋調査士会連合会


 日本土地家屋調査士会連合会(所在地:東京都千代田区、会長:竹内 八十二)は、本年6月の第68回定時総会における決議により、7月31日を「土地家屋調査士の日」として制定しました。

<記念日制定の趣旨>
 昭和25年(1950年)7月31日、土地家屋調査士法は、第8回臨時国会において可決成立し、同日付けで施行されました。
 土地家屋調査士制度が誕生したこの日を記念日として制定することにより、土地家屋調査士会員の各々が「不動産に係る権利の明確化を期し、国民の信頼に応える」という社会的使命を再確認する機会にするとともに、市民の皆様への土地家屋調査士制度の役割をPRする機会とする。

 土地家屋調査士は、「表示に関する登記の専門家」として、不動産に係る市民の権利の明確化に寄与します。